未分類

フォークリフト技能修了証は持っていると絶対有利

フォークリフト技能修了証資格を取得して、成功だった!

(A)フォークリフト運転技能講習を受け、「技能講習証」を取得しておいた事が大成功だった。

・このように考えて資格を取得したけど、役に立たなかった。後悔している。

資格ではありませんが、簡単にアプリ制作が出来るというソフトの使い方を教えてくれると評判の高い塾に通い、アプリを作る事が出来るようになったが、「アプリを作る技術」よりも「どんなアプリを作るかを考える能力」が一番難しいと分かり肩を落とした。

・資格を取得しようとするときは、このような点に留意する方がいい。

フォークリフトに関してになりまうすが、3日間に通学で「遅刻」と「居眠り」さえしなければ全員交付される仕組みです。

一級建築士、技術士の資格を取得したわたしのマル秘勉強法

・取得した資格を活かすには、このような点に留意する方がいい。

基本は、物流関係や倉庫関係になりますが、私の場合、営業先の納品倉庫で「リフトマン」に依頼しなくてはならないのですが、順番待ちが多く時間配分に困ります。

その点、資格があれば自分でリフトに乗って自社の製品を目的地に配置する事が可能なのですが、お客様倉庫によっては、いくら資格を持っていても「自社のリフトを他社の者が利用する事を禁ずる」と言ったルールを定めている企業も多いので、フォークリフトの資格は万能では無い事を知っておくべき。

・資格を取得するなら、こんな資格がいい。

デスクワークに特化するのであれば、個人的には「簿記」及び「英検」だと思います。転職時の強い味方になると思います。

 

・資格取得のためにはこのようにすると取得しやすい。

フォークリフトに関しては、真面目に受講するだけです。技能は下手くそであっても脱落する者は年に1名程度と聞きました。

・資格を取得しようとしたが、取得できなかった。

挑戦した資格がありません。

職種:提案型印刷業、主な印刷物はコンビニや公の場所でのPOP訴求印刷物の企画・製造

社歴:平成元年〜28年間の勤務

所属:営業部及び人事、製品企画

役職:営業統括部長・マーケティング事業部部門長・名古屋営業所所長

職種:営業

業務内容:主に経営者の右腕としてあらゆるポジションにて活動。自社のIT化はWindows上陸前に行い現在もそのシステムは機能している。

年齢:51歳女性

仕事の状況や課題(職場の雰囲気、職場の人間関係、職場の課題、問題点、など)創業時は数名の小さな印刷会社で、設備は単色機(1色機)の1台のみ。

当時はバブル崩壊前であり仕事が豊富で、自社設備を持たずとも柱になるクライアントさえ居ればアウトソーシングにて数千万円もの受注が毎月こなせる時代。

ただし、仕事量が豊富な故に過酷な業務時間に束縛され、休日どころか自宅に帰る事も困難な状況でした。

少数製である為、人間関係は良好とは言えずとも摩擦が起きると仕事にならないのは大人として理解しており、付かず離れずな関係を維持し派閥もなく円満な環境であったと思う。

宅地建物取引士の資格でキャリアアップに成功しました

その後、トントン拍子で売り上げが右肩上がりとなり、自社工場を増設・増資、最新機種の5色機や、印刷以後に必要とする加工機も導入、社員も増やし営業所も増やし良い展開となる。

問題点としては、当時は手書き伝票や手書き見積書にてFAXを多用するのが当たり前の時代だったので、二度手間、三度手間を何とか解消したくパソコンにてファイル管理を手がけたところ、その活躍が経営者の目に止まり受発注や見積もりはデータ化されるように移行した。

ただ、キーボードという物に慣れていない人間ばかりが集まっていたので、パソコンに移行するときは社員全員が敵と化した。

「書く方が早い!」とあちらこちらから罵声が飛び「こんな面倒な事は返って時間の無駄だ」とも耳に入った。現在ではパソコンが無いと仕事にならないと言うか、パソコン依存症な状況になるという皮肉な現象が起きています。

だた、こんな事務職でも委託加工先や納品先ではネクタイをした革靴を履いたホワイトカラーな職務であってもトラックに乗り、あちらこちらへ配送に回らないといけません。

委託加工所は規模の大小に関わらず、必ずと言って良いほどフォークリフトが1台は保有されています。

納品先の倉庫となると当然のように数十台のフォークリフトが用意されています。

委託加工所や自社であれば、資格がなくともフォークリフトの操作(技術優先)ができれば何ら問題なく自分で操作し、物品を移動させる事ができますが、

納品先となると会社規模が大きくなる事が多く、もしかの事故の際にやはりコンプライアンス的な問題を配慮して部外者以外の操作を禁じたり、「技能講習証」を提示しないと操作させてもらえないケースが多く困った事が多かったです。

この体験談で取り上げるのはどんな資格の話か。

Cisco社が発行しているCiscoCCNPRouting&Switchingを取得

フォークリフト運転技能講習修了証のお話です。

資格名・資格の発行機関(A)大阪特殊自動車学校・資格取得の目的や資格を取得しようと考えた経緯・きっかけ(上司からの指示か。自発的か。今の業務に生かすためか。将来のステップアップのためかなど)

自発的かつ、自腹にて習得。現在は、職員のポジションによって会社から年に数度、数名に資格を会社負担にて取得させてます。

・資格取得のためにどのように勉強したか(自分自身での学習か。通信講座での学習か。通学講座での学習かなど)

座学に関しては何ら勉強をしていません。実技に関しては、既に無免許にて(自社敷地内)ベテラン級の腕前だったので技能試験は問題なくパス。・勉強した期間。資格を取得するまでに試験を受けた回数。

資格取得にかかった費用。

座学1日、技能2日の合計3日を要します。試験は1度で合格。費用は記憶では¥45,0000程度4)

・このように考えて資格を取得して、成功だった!(会社から評価された。資格手当がついた。仕事を任されるようになった。

昇進した。転職できたなどどんなメリットがあったか具体的に書いてください)(A)残念ながら会社からの評価や手当は付きませんでした。(他社であれば手当が多少つくケースが多いです)

ただし、長年勤めた会社を離職し様々な仕事を探しましたが年齢的にデスクワークに就くことは難しく、どうしても体力系のお仕事が残ったターゲットとなります。

その中で、比較的体力的に負担の少ないのがトラックドライバーなのですが、これも長時間の拘束時間や物品の荷積み、荷降ろしを考えると非常に体力を必要とし厳しい環境ではあるのですが、フォークリフトの資格を持っているだけで採用率が高くなり、

また、同じ会社であっても資格手当がプラスされたり、指示される配送業務も体力的に楽な配慮をしてもらえるのが大変ありがたい事だと思います。

全ての配送会社がそういったシステムではありませんが、比較的、上記記載の条件での企業が多く、また、最近ではドライバー不足と言われているなか、求人広告には「リフト資格者歓迎」と記載されている事が多いです。・

このように考えて資格を取得したけど、役に立たなかった。後悔している。

そのような資格は得ていません・資格を取得しようとするときは、このような点に留意する方がいい。

スクールによりけりかと思いますが、聞いた限りと実感したのが。「講師が異常なぐらいウザイく、高飛車な態度を取るので心構えとして気持ちを用意しておく必要があります」リフト操作に慣れた人や、センスのある人は問題なく技能講習を受けれますが、俗に言う「下手くそ」や「あがり症」な方はことごとく講師に怒鳴られたり罵声を浴びせられたりします。

一種のパワハラを感じるような光景が毎日のように見ますし、他校で取得した人に話を聞いても同類の扱いを受けたと耳にしました。

講師の彼らの多くは、平均60歳超えている年配の方が多く、天下りかどうか分かりませんが偉そうな態度でチクチクとケチをつけてきます。

下手くそには暴言で「もっと素早く!」とか「チルトを上げるんだ!そっちじゃない!」とか命令口調で、上手な受講者には「そんなにスピードを出す必要はない、安全確認をもっと徹底せよ」と、褒める事なくとにかく、「けなす」「バカにする」と、日頃のストレスを我々にぶつけているのでは?と思うほど、酷い扱いを受けます。

我々からすると、「たかだか2日の辛抱だ」と、我慢していますが、稀に「資格取れなくてもいいや!殴って辞めようかな」とイライラしてる若者もいました。

また、精神的に弱そうな人は、緊張のあまり気分が悪くなる人もいたり、私が通った大阪校では日差しよけの無い環境なので山上の炎天下の中での受講だったので夏の受講は熱中症対策が必要です。(学校ではそのような対策はしてくれません、自己で用意が必要です)

・取得した資格を活かすには、このような点に留意する方がいい。(A)フォークリフトは資格よりも、実践が物をいいます。資格者だからと威張っていると現場で化けの皮が剥がれます。

また、学校では「禁じ手」と教わった行為があるのですが、それが「技」として実践では必要となります。・資格を取得するなら、こんな資格がいい。(A)上記記載済みです。

・資格取得のためにはこのようにすると取得しやすい。(A)フォークリフトに関しては「我慢」です。

我慢さえすれば3日後には取得できます。・資格を取得しようとしているときにこんなことに困った。ネックだった。(A)学校が都心近くになく不便な場所が多い。また、どこの自動車学校でも取得できる訳でなく限られた特殊学校になる。

・資格を取得しようとしたが、取得できなかった。(A)1年に1名程、脱落者がいるとかいないとか・・・・・資格取得の際に会社とトラブルになってしまった。

(A)特にありません・資格を取得した後で期待とは違う結果になった。(A)一般的には「資格」や「免許」と呼ばれているが、厳密には「技能講習修了証」なので法的な効力が薄く、身分証明書にもならない。

・資格に関する成功体験・失敗体験(A)成功例:技術があると楽な仕事が舞い込んでくる。失敗談:「資格あります」と言っても技術が伴わない場合バカにされる。

・資格取得や資格活用をうまく進める工夫、コツなどの具体的なエピソード(A)資格活用は、実際採用された場合に、休憩時間などの自由時間にリフトに乗って色々な動作を試す事。また、他の人がやった「技」を自分もできるように練習する事。

・資格取得にまつわる興味深く具体的なエピソード

上記に挙げたように、うっとおしいジジイ講師がいた訳なのですが「最終日の試験」があります。

時間内に走行ルートと決められた作業動作を行い点数クリアで修了証を頂ける訳なのですが、私は資格を取りに行く数年前から様々なフォークリフトを乗り回していたので別段、難しくも抵抗もなくルート説明を受けていたのですが、

いざ試験となると講師のジジイよるもベストタイムでかつ、全ての作業動作は寸分ズレない精度でこなし、最終的に車庫戻しの位置もミリ単位で停止した時のスッキリ感は未だに思い出すと気持ち良いです。ジジイのポカーンとした顔も忘れることはありません。

体験をもとに、資格について重要と思うこと。意見。感想。反省点。資格取得や資格活用をうまく進めるためのコツ。資格について悩むビジネスマン・ビジネスウーマンへのメッセージなど。

(A)ビジネスマンにフォークリフトの資格は基本的に不要かと思いますが、低額でかつ短時間・高確率で取得できる物なので、いざ転職!と言った際に邪魔にはならない資格かと思うので取得しておくのは無駄遣いでは無いと思います。

また、更新手続き不要で一生つかえる資格なので、現在は不要であったとしても将来的に必要になる可能性も高く、町を歩いていても分かるように、かならずどこかの商店なり工場なりがそこにあり、そしてフォークリフトが必ず1台は設置されている光景を見ると持っておいて損はないなと思います。

税理士業務に必要かと思い宅建士を取得しました。