未分類

一級建築士、技術士の資格を取得したわたしのマル秘勉強法

建設業関連資格

技術士 一級建築士 一級建築施工管理技士 コンクリート技士 など 自己研鑽のため

一級建築士のみ 専門学校に通って勉強したが そのほかは 市販の問題集などで独学で勉強した

一級建築士は6か月コースに通い勉強した 技術士は 8か月程度 そのほかは3~4か月程度の勉強期間

建築士の受験資格を取得できる通信制大学。卒業生の口コミ多数。

一級建築士の勉強方法

一級建築士は 問題に独特の癖があるので 専門学校に行き 傾向と対策を練りながら勉強することをお勧めする また設計製図もか書き方のノウハウがあるので専門学校に通ったほうが良い

技術士は 文章を書く問題が多いので 同じ問題でもいいので 自分で構成を考え 試験時間内に考えをまとめ論理的に回答できるように何度も練習することをお勧めする

そのほかは マークシート等が多いので 過去問を繰り返し解き、文章のひっかけにひっから内容にする練習をしたほうが良い

資格を取ろうと思ったときは テレビなどや音楽をかけず 集中して勉強できる環境が必要だと思う

雑音があると勉強したもののみにつき方が極端に悪くなる、一時間でも集中して勉強したほうが身につく

資格は 業務に役に立つしか買うをとるべきだと思う そのほうが理解が早い

全くの畑違いの資格を取ろうとしても 言葉になじめず テキストを読んでも頭の中に入らない また どこが題字かもわからない

失格を取ろうと思ったら平日の夜の時間や 土日の時間など 空き時間を使うことになるので 趣味や遊びは控えめにして、すべての空き時間を勉強に費やすつもりで勉強するほうが身につく。

多少の息抜きはよいが 特に土日のまとまった時間を大切に使うには 遊んでいられず、勉強に集中することをお勧めする。

そうしないと 後でやっておけばよかったなど効果にもつながると思う

会社でトラブルになったことはない。

そのためにも業務に近い資格を取ることをお勧めする 業務に関係する資格であれば周りの理解も得られる

一級建築士は難易度が高いと思われているが 専門学校に通い 専門学校の課題をさぼることなくあやっていれば 大体のところは解ける

また
設計製図も 自分は書かうのが遅く試験時間内に間に合わないことが多かったが 専門学校の課題を真剣に取り組んでいたら 試験2週間前になって やっと図面を書き上げられるようになり 試験も無事合格できた

一級建築士の専門学校のノウハウは十分活用できる

技術士は文章を書く問題が多いので 自分で文字数のわかる答案用紙を作成し、文字数制限も気にしながら 起承転結の文章が書けるように練習した

はじめは問題集の答案をまねして書いてもよいが 慣れてきたら 自分の言葉で書く訓練をしなければ 実際の試験でも試験時間何に考えをまとめて 論理的な文章を書かうことはできないと思う

失格を接待にとるという強い気持ちがなければ 集中して勉強もすることもできず、土日に遊びの誘惑に負けてしまうので 資格を取ろうと思うときは 強い気持ちをもって失格を必ず一回でとるんだという気持ちが大切だと思う

1級・2級建築士の資格を取得できる通信制大学&卒業生の体験談